36歳のいまも5000m13分台! 駒大出身、九電工陸上部主将・高井和治さん

引用元:4years.
36歳のいまも5000m13分台! 駒大出身、九電工陸上部主将・高井和治さん

「M高史の駅伝まるかじり」今回は高井和治さんのお話です。白石高校時代に全国高校駅伝(都大路)4区で区間賞・区間新(当時)。駒澤大学では全日本大学駅伝で3区区間賞を獲得。九電工では2012年ニューイヤー駅伝で6区区間賞・区間新(当時)。現在、九電工の主将を務めています。36歳という年齢を感じさせないダイナミックで個性溢れるフォームで走り続ける高井さんに取材しました。

県中学駅伝区間賞で強豪・白石高校へ

小学校は野球部でしたが、小学校のマラソン大会で1位だったこともあって、中学から陸上を始めた高井さん。中学時代の自己ベストは3000m9分52秒。「県大会に行けるくらいのレベル」と決して目立つ成績ではありませんでした。運命を変える試合となったのが中学3年の佐賀県中学駅伝。アンカー5km区間で区間賞を獲得したのでした。

「白石高校に行けることになりました。まったく知識もなかったのですが、先生の勧めもあって行ってみようと思いました。実際入ってみたらとんでもなかったんですが(笑)」

強豪・白石高校に入学して、すぐに故障。慣れるまでには時間がかかったそうですが、夏合宿で練習を積むうちに秋には5000m14分48秒で走れるようになりました。のちに九電工でもチームメイトとなる同級生の田上貴之さん(現・九電工陸上競技部コーチ)など、ライバルに負けたくないという気持ちで切磋琢磨していきました。その年の都大路では5区を走り、区間8位という都大路デビューを飾りました。

翌年、チームのエース格に成長した高井さんですが、県高校駅伝の1区で大ブレーキ。のちに駒大、九電工でも同じチームとなる有田工業高校の井手貴教さん(現・九電工陸上競技部コーチ)に大きく離されてしまい、チームも都大路を逃すことになりました。

同級生と本気で優勝を狙った都大路

悔しさを晴らしたいと雪辱を誓った3年生のシーズンはさらに記録を伸ばします。インターハイでは1500m5位入賞。秋の国体少年A5000mでは14分01秒68の好タイムで7位に。

迎えた駅伝シーズンは無事に都大路出場を決め、本番は「優勝を狙っていました」というほどチームの状態も仕上がっていました。迎えた都大路では4区を任されました。

3区終了時点で9位。先頭の西脇工業高校とは51秒差がありました。そこから高井さんは序盤からハイペースで前を追い上げ7人抜きの快走で2位まで浮上! 先頭との差を11秒差まで詰めタイムも22分53秒で区間賞。13年ぶりの区間新記録(当時)という快走でした!

チームの方は最終区で同級生・田上さんの追い上げもありましたが、西脇工業高校に届かず9秒差の2位という結果に「前をつめたこと、区間新を出したことよりも、優勝できなかった悔しさの方が強いですね。もっと頑張れたんじゃないかという思いがあります」とチームとしての目標を達成できなかった思いを口にされました。

「高校3年間は常にキツかったですが、青春してるなぁという感じでした(笑)。自分たちの学年は中学時代までは実績がなくて、みんな奮起して頑張ったというのが思い出に残っているんですよ」。今でも同級生の集まりでは恩師・三原市郎先生を囲んで当時の話をされるそうです。次ページは:苦い学生駅伝デビューとなった全日本大学駅伝

1
/3ページ

フォローする