【陸上】日本選手権MVPは金井&青木 大会タイ2つ、初V15種目

引用元:月刊陸上競技
【陸上】日本選手権MVPは金井&青木 大会タイ2つ、初V15種目

10月1日から3日に新潟・デンカビッグスワンスタジアムで開催された日本選手権。大会最優秀選手には男子が110mハードルの金井大旺(ミズノ)が、女子は100mハードルは青木益未(七十七銀行)と、ともに大会タイ記録で優勝した2人が選ばれた。

新記録としては、女子円盤投優勝の齋藤真希(東女体大)の55m41がU20日本記録、女子ハンマー投5位の村上来花(弘前実高3青森)の59m51がU18日本記録として認定。村上の記録は日本高校記録。また、女子棒高跳では6位に入った柳川美空(前橋南橘中3群馬)が3m90の中学最高記録(※中体連非公認種目)をマークした。

■優勝者一覧は以下の通り

●男子

100m   桐生 祥秀(日本生命)    

      10.27(-0.2)=6年ぶり2回目

200m   飯塚 翔太(ミズノ)     

      20.75(-0.5)=2年ぶり4回目

400m   伊東利来也(早大)      

      45.94=初

800m   瀬戸口大地(山梨学大)    

      1.47.70=初

1500m   館澤 享次(横浜DeNA)   

       3.41.32=2年ぶり3回目

110mH  金井 大旺(ミズノ)     

       13.36(-0.1)大会タイ=2年ぶり2回目

400mH  安部 孝駿(ヤマダ電機)   

       49.73=2年連続3回目

走高跳   真野 友博(九電工)      

      2.30=初

棒高跳   来間 弘樹(ストライダーズAC)

      5.60=初

走幅跳   津波 響樹(大塚製薬)

      7.99(-0.1)=初

三段跳   池畠旭佳瑠(駿河台大AC)   

      16.54(+0.7)=初

砲丸投   幸長 慎一(四国大院)    

      17.77=初

円盤投   堤  雄司(ALSOK群馬)   

       60.24=2年連続7回目

ハンマー投 柏村 亮太(ヤマダ電機)  

       71.03=3年ぶり3回目

やり投   新井 涼平(スズキAC)  

       81.57=7年連続7回目

●女子

100m   兒玉 芽生(福岡大)     

      11.36(+0.5)=初

200m   鶴田 玲美(南九州ファミリーマート) 

      23.17(-0.1)=初

400m   青山 聖佳(大阪成蹊AC)  

       53.55=2年連続3回目

800m   川田 朱夏(東大阪大)    

      2.03.54=初

1500m   田中 希実(豊田自動織機TC)

       4.10.21=初

100mH  青木 益未(七十七銀行)   

      13.02(-0.1)大会タイ=2年ぶり2回目

400mH  イブラヒム愛紗(札幌国際大) 

       56.50=初

走高跳   津田シェリアイ(築地銀だこAC)

       1.78=初

棒高跳   那須 眞由(RUN JOURNEY)  

       4.20=2年連続2回目

走幅跳   高良 彩花(筑波大)      

       6.32(+0.5)=2年ぶり3回目

三段跳   森本麻里子(内田建設AC)  

        13.14(-0.2)=2年連続2回目

砲丸投   高橋 由華(九州共立大院)   

       15.26=初

円盤投   齋藤 真希(東女体大)     

       55.41 U20日本新=2年ぶり2回目

ハンマー投 渡邊  茜(丸和運輸機関)   

       64.84=2年連続3回目

やり投   佐藤 友佳(ニコニコのり)   

       59.32=初月陸編集部

フォローする