室伏長官「強化を最大限支援」 過去最多の金を期待―スポーツ庁

引用元:時事通信

 スポーツ庁長官に就任した陸上男子ハンマー投げ五輪金メダリストの室伏広治氏が2日、文部科学省で記者会見し、「トップ選手の強化を国が支援する重要性は計り知れない。五輪、パラリンピックの舞台でも活躍できるよう最大限サポートしていきたい」と所信を表明した。新型コロナウイルスの影響を受けている選手の練習環境整備でも支援を進めるとした。

 室伏氏は2004年アテネ五輪で金メダルを獲得。14年からは東京五輪・パラリンピック組織委員会でスポーツディレクターを務めていた。東京大会に向けては、過去の最多金メダル数に触れながら「五輪が16個、パラが17個と承知しているが、それを超えていただきたい。われわれも支援していく」と期待を口にした。 

フォローする