桐生、1着も不満「スタートでよろけてしまった」決勝に向け「最後の10メートルを焦らず」

桐生、1着も不満「スタートでよろけてしまった」決勝に向け「最後の10メートルを焦らず」

 ◇陸上日本選手権第1日(2020年10月1日 新潟市・デンカビッグスワンスタジアム)

 コロナ禍で6月から延期された大会が開幕し、男子100メートル準決勝で2組のケンブリッジ飛鳥(27=ナイキ)は、10秒23でトップと同タイムの2着で決勝へ進んだ。1組の桐生祥秀(24=日本生命)は10秒27の1着で通過。2日の決勝で両者の対決に注目が集まる。

 桐生は準決勝に不満を残した。「スタートでよろけてしまった」とバランスを崩した影響でスピードが出ず、小池と並ぶようにゴール。10秒27で1組1着だった。

 スタート時に歩幅を広げる新しい構えに取り組む今大会。予選は「練習でやってきたことができた」と序盤で加速。早々と力を抜き、予選、準決勝を通じて最速となる10秒21(向かい風0・3メートル)を出した。決勝は「最後の10メートルを焦らずいけば絶対ゴールできる」と力強い。

フォローする