【陸上】注目の兒玉 圧巻の走り向かい風1.3mで11秒53 決勝へ「課題を修正したい」/日本選手権

引用元:月刊陸上競技
【陸上】注目の兒玉 圧巻の走り向かい風1.3mで11秒53 決勝へ「課題を修正したい」/日本選手権

◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日

女子100m予選、準決勝が行われ、同じ会場で9月上旬に行われた日本インカレで11秒35をマークしている兒玉芽生(福岡大)が圧巻の走りを見せた。

第89回日本インカレフォトギャラリー

予選は後半流して11秒50(0.0)、準決勝は向かい風1.3mの中で11秒53で、各組トップで通過し、準決勝全体トップで明日の決勝へ駒を進めた。

「日本インカレと同様に、スタートから60mまでの加速に重点を置いて」臨んだ日本選手権。11秒5台をそろえられたことを収穫に挙げるが、「加速部分が足りていない」と振り返る。準決勝は「少し硬くなったので、もう少しリラックスすればタイムが出たと思う」と話す。それでも、得意の向かい風1.3mでのパフォーマンスは好調の証。「明日は今日できなかったところを修正できれば」と語った。

一方、こちらも好調の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)も11秒57(-0.6)とハイパフォーマンス。優勝争いは九州勢による一騎打ちとなりそうだ。他では、昨年も決勝に残っている青山華依(大阪高、前回3位)と石堂陽奈(立命館慶祥高、前回8位)ら高校生が4人が決勝に残った。女子100mは明日10月2日、19時33分にスタートする。

■女子100m決勝スタートリスト

2 湯浅佳那子(三重県スポ協)

3 壹岐あいこ(立命大)

4 兒玉芽生(福岡大)

5 鶴田玲美(南九州ファミリーマート)

6 石川 優(相洋高)

7 安達茉鈴(京都橘高)

8 青山華依(大阪高)

9 石堂陽奈(立命館慶祥高)月陸編集部

フォローする