【全日本大学女子駅伝】拓大が総合トップ、4年生・佐野英里佳が全体1位…関東地区選考会

引用元:スポーツ報知
【全日本大学女子駅伝】拓大が総合トップ、4年生・佐野英里佳が全体1位…関東地区選考会

◆全日本大学女子駅伝対校選手権 関東地区選考会(26日、千葉・印西市松山下公園陸上競技場)

 全日本大学女子駅伝(10月25日・仙台市、報知新聞社後援)に出場する関東地区の「4枠」を目指し、17校が出場。各校6人の5000メートルの合計タイムで競い、拓大が1時間41分39秒40で総合1位となり3年連続3度目の出場権を獲得した。拓大は2組に出場した佐野英里佳(4年)が16分29秒05の全体トップのタイムで、力を見せつけた。2位・順大、3位・東洋大、4位・中大も杜(もり)の都への出場切符を手にした。

 拓大は最上級生の佐野が、エースの意地を見せた。2000メートル過ぎからペースアップを図ると、一気にライバルを突き放して独走。全3組を通じて最も速い16分29秒05でゴールし「自分のレースに集中できた」と胸を張った。今年、初めて全4学年の部員がそろって迎える3年連続3度目の杜の都の舞台。佐野は「最後はシードを取りたい。エースの走りをしたい」と意気込んだ。

 ▽総合成績 〈1〉拓大(佐野、牛、土井、小沢、小谷、梅木)1時間41分39秒40〈2〉順大 1時間41分51秒19〈3〉東洋大 1時間41分57秒03〈4〉中大 1時間42分0秒45(以上4校が全日本大学女子駅伝出場権獲得)〈5〉東農大 1時間42分36秒80報知新聞社

フォローする