川内鴻輝氏「田中さんや新谷さんにも出て欲しい」 年末の川内杯マラソンへラブコール

引用元:スポーツ報知
川内鴻輝氏「田中さんや新谷さんにも出て欲しい」 年末の川内杯マラソンへラブコール

 陸上の川内杯栗原関所マラソン(12月27日)開催会見が25日・埼玉・久喜市役所で行われ、ドーハ世界陸上男子マラソン代表の川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=の弟で大会ディレクターを務める鴻輝・久喜市議会議委員らが出席した。

 鴻輝氏は「兄(優輝)から『河川敷で行うこの大会が開催されなければ、市街地でのマラソン大会は永遠に復活しない。ぜひやろう』と熱い思いを託されました」と開催を決意。コロナ禍での大会となるが、サーモグラフィーの設置やウェーブスタート、飲食店ブースの廃止などの対策を取って安全に運営される。

 利根川沿いを走るフラットなコースが特長で、昨年大会では男子10キロの部の優勝者が29分台、入賞者も30分台がラインとなるなど、好記録が続出した。鴻輝氏は「高速レースになるので、田中(希実)さんや新谷(仁美)さんに

もぜひ出場して日本記録を狙って欲しい」とラブコール。日本陸連公認コースではないが、1996年に千葉真子が樹立した女子単独のロード10キロ日本記録(31分44秒)更新も可能なレースになるとアピールした。

 今年は密を避けるため、小学生部門は開催せず、男女10キロの部のみ計900人でレースを行う。詳細は以下の通り。

 ▼期日 12月27日

 ▼会場 利根川河川敷 久喜市栗橋先水神宮前

 ▼種目 男女別で〈1〉高校生~39歳〈2〉40~59歳〈3〉60歳以上

 ▼スケジュール 9時スタート=女子の部 11時スタート=男子の部

 ▼申し込み 10月1日~11月30日

 ▼参加費 一般4000円、高校生2000円報知新聞社

フォローする