男子50キロ競歩 川野が日本新Vで五輪切符 高畠大会

引用元:毎日新聞
男子50キロ競歩 川野が日本新Vで五輪切符 高畠大会

 来年の東京五輪代表選考会を兼ねた全日本50キロ競歩高畠大会が27日、山形県高畠町で行われ、川野将虎(まさとら)=東洋大=が3時間36分45秒の日本新記録で初優勝し、日本陸上競技連盟が定めた条件を満たして東京五輪代表に決まった。従来の日本記録は今年4月の日本選手権で鈴木雄介(富士通)が出した3時間39分7秒で2分22秒更新した。

【写真特集】競歩・山西が金 20キロで日本初

 丸尾知司(愛知製鋼)が日本歴代2位の3時間37分39秒で2位だった。代表枠は3で、9~10月に行われた世界選手権(ドーハ)の同種目で金メダルを獲得した鈴木に次いで2人目。残り1枠は来年4月の日本選手権で争う。

フォローする