駒澤大でインカレ優勝も箱根駅伝は走れず 東京国際大コーチ・松村拓希さんが選手育成にかける思い

引用元:4years.
駒澤大でインカレ優勝も箱根駅伝は走れず 東京国際大コーチ・松村拓希さんが選手育成にかける思い

今回の「M高史の駅伝まるかじり」は東京国際大学駅伝部コーチ、松村拓希さんにお話を伺いました。駒澤大学では日本インカレ10000m優勝、全日本大学駅伝6区区間賞・区間新(当時)。日清食品では世界クロカン日本代表。実業団を経て、筑波大学大学院、筑波大学コーチを経て、2015年から東京国際大学駅伝部コーチをされています。

高校から本格的に陸上の道へ

茨城県出身の松村拓希さん。中学には陸上部がなかったものの、高校では陸上(長距離)をやりたくて、中学3年の時に学校の選抜選手として3000mに出場。郡の大会を突破して県大会に出場。県大会では10位に。成績が認められスポーツ推薦で土浦日大高校へ進学することになりました。

土浦日大高校では順調に競技力を伸ばし、2・3年生と全国高校駅伝に出場。3年生の時には1500mと5000mでインターハイに出場。都道府県駅伝1区で区間3位と好走されました。

嬉しさと悔しさを味わった駒大時代

高校卒業後は駒澤大学へ。1学年上の世代トップとして活躍していた揖斐祐治さん(現・岐阜協立大学駅伝部監督)に憧れての進学でした。当時の駒澤大学は大八木弘明コーチ(現・監督)就任5年目。出雲駅伝、全日本大学駅伝では優勝し、箱根駅伝も2年連続で総合2位と強豪校の仲間入りをしている時期でした。

「高校が朝練のない学校だったので、慣れるまで大変でした。故障したまま入寮してしまい春先は走れず、同級生の結果を見て焦る日々でした」。その後、夏の合宿でまずまず練習ができ、1年目から出雲駅伝を走ることができました(4区・区間5位)。

しかし、全日本、箱根はメンバーに入ることはできず。特に箱根はチーム初の総合優勝ということで「同級生が1、3、5区を走ったのですが、当時は優勝した嬉しさよりも悔しさしかなかったですね」と同級生の活躍に発奮します。

箱根優勝メンバーに入れなかった悔しさを晴らすべく練習を積み重ね、2年生になると5000m、10000mも走るたびに自己新。5000mで14分03秒、10000mで28分48秒まで記録を伸ばします。

2年生では出雲、全日本、箱根にフル出場。しかし、全日本では6区でブレーキとなり、箱根では4区区間6位。チームは総合2位と優勝を逃し、悔しい結果となりました。次ページは:日本インカレ優勝も駅伝シーズンは……

1
/3ページ

フォローする