なぜドーピングはいけないのか? スポーツの価値を貶める行為と闘うアンチ・ドーピングとは

引用元:REAL SPORTS
なぜドーピングはいけないのか? スポーツの価値を貶める行為と闘うアンチ・ドーピングとは

禁止されている物質や方法によって競技能力を高めようとするドーピングは、スポーツの公平性、公正性を歪める行為だ。ドーピングによって得られた記録や勝利は誰にも認められないばかりか、アスリートや競技、スポーツの価値をおとしめるものだが、一方でわれわれは「ドーピング」やそれを未然に防ぐ「アンチ・ドーピング活動」についてあまりよく知らない。

「ドーピングがなぜダメなの?」「日本人選手はドーピングとは無縁?」「うっかりドーピングって何?」ドーピングにまつわる疑問を日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の事務局長を務める浅川伸専務理事に聞いた。

(インタビュー・文=大塚一樹[REAL SPORTS編集]、写真=Getty Images)

なぜドーピングは「やってはいけないこと」なのか?

――国として国際大会への参加資格を停止されているロシアの話題をはじめ、違反行為、選手についてなど、ドーピングにまつわる報道は多くあるのですが、ドーピングやアンチ・ドーピングについて多くの人がよく知らないというのが現状です。いきなり「そもそも」の部分をお聞きしますが、ドーピングはなぜ禁止されていて、スポーツをする上でやってはいけない行為とされているのでしょうか?

浅川:このお話をするには、「スポーツはそもそもどういうものなのか」ということに立ち返る必要があります。スポーツ、競技の公正・公平とは何かといったら、すべての競技者が同じ条件下でプレーするという「イコールコンディション」であることが挙げられますが、視点をどこに置くかによって同じ条件下であるという前提が変わってきます。

 地理的な問題や経済的な事情から高地トレーニングができるチームと、できないチームがある。または国や地域によって身体的な特徴に大きな違いがある。高いところにゴールがあるバスケットボールやバレーボールなどのスポーツでは、身長差が大きな違いを生むことになりますよね。そうした違いまで不公平とするのか。同じようにアンチ・ドーピング活動についても世界中いたるところで均一に、厳密に行えているかという課題があります。極論ですが、イコールな条件を整えるということのみに視点を置くならば、規制を外してしまって、あらゆる方法でハイパフォーマンスを競うイベントをしたらどうか、それが本当のイコールコンディションじゃないかという議論もありますよね。

――ボディビルの世界では、事実上ステロイドの使用を認めているコンテストがあるとも聞きますね。

浅川:でも、それってスポーツの本質との関係性を考えたときに、それでいいんですかという視点が必要なんです。さまざまな議論がある中で、人工的な能力を追加した形で競うことが、スポーツの本質から離れていないか。僕らの領域でいえばアンチ・ドーピングは、単に条件が揃えばいいということではなくて、スポーツの本質をしっかり押さえた上で、アスリートがその競技に真剣に向き合った結果である「嘘の無いパフォーマンス」が発揮できる環境作りをしていく。みなさんがアスリートを応援したくなる気持ちが自然と生まれてくるような環境を作ることをアンチ・ドーピングの領域でやっていく。スポーツが本質から離れていかないための活動の一環なんですね。次ページは:もう「体に害がある」だけでは決定的な抑止力にならない

1
/5ページ

フォローする