【陸上】男女スプリントハードルは村竹&島野が1年生V/日本IC

引用元:月刊陸上競技
【陸上】男女スプリントハードルは村竹&島野が1年生V/日本IC

 9月11日から13日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで日本インカレが開催。最終日に決勝が行われた男女のスプリントハードルは、ともに好記録で昨年インターハイを制したルーキーが頂点に立った。

【フォト】第89回日本インカレ

13秒6台で安定している村竹

 男子110mハードルは村竹ラシッド(順大)の動きが際立っていた。2日目の予選を13秒75(+2.1)で組トップ通過。続く翌日の準決勝では、「後半にピッチアップする走りができました」と、13秒69(+0.1)とさらにタイムを短縮し、樋口陸人(法大)らを抑えた。

「大会記録(13秒67)の更新」を狙った決勝。準決勝同様に樋口が隣におり、準決勝よりも迫られたが「焦らず後半にスピードを上げられたのが良かった」と、向かい風0.3mのなか13秒69で1年生優勝を飾った。

「率直に初出場で優勝できてうれしいです。レース展開もうまく進められたので収穫になりました」

 ルーキーながら、堂々とそう話す村竹。「決勝は前半からもっと突っ込むレースをしたかったのですが、結局準決勝と同じ展開になってしまった」と悔やむのは、さらに上を目指しているから。

「自分では前半が得意だと思っていたのですが、今日の走りを考えると後半が得意なのかなと思ったり……。まだ武器と言えるものは確立できていません」。それでも、今季は8月23日のゴールデングランプリでもU20日本歴代2位となる13秒65(-0.4)をマークしており、安定して13秒6台を出している。

 インターハイを制した高校時代のベストは13秒91(高校歴代3位タイ)。そこからは着実にレベルアップしている。

「コロナ禍もあったので、本格的にハードルを跳んだのは7月に入ってから。それからも課題と向き合って取り組めています。今はハードル技術よりもスプリントを強化しています」

 次の目標は日本選手権。「レベルが高いので、準決勝まで駒を進められれば」と謙遜するが、「あわよくば自己ベストを更新したい」という言葉が現実になれば、厳しい準決勝をかいくぐることができるだろう。次ページは:U20日本歴代3位で島野が制す

1
/2ページ

フォローする