【大学駅伝】箱根予選会の開催要項を発表 参加資格に5000mを追加

引用元:月刊陸上競技
【大学駅伝】箱根予選会の開催要項を発表 参加資格に5000mを追加

関東学連は正月の箱根駅伝の予選会(10月17日)の開催要項を発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて競技会の中止が相次いだことにより、参加資格記録を一部変更。これまでは、開催前年の1月1日から申込前日までの有効期間内に10000m34分00秒00以内の公認記録を参加条件としていたが、今回はそれに加えて5000m16分30秒以内という条件が追加された。また、出場権の審査対象選手と実際に予選会に登録する選手が異なることも認められることになった。

コースはこれまでの昭和記念公園を回るコースから、新型コロナウイルス感染拡大防止策として陸上自衛隊立川駐屯地の周回コースで開催することを発表している。箱根駅伝予選会は各校10~12人が出走し、上位10人の合計タイムで争われ、総合10位以内の大学が来年の本戦出場権を獲得できる。月陸編集部

フォローする