【シューズレポ】独特のクッション性が楽しい ホカ オネオネの「CLIFTON(クリフトン)7」を履いてみた!

引用元:月刊陸上競技
【シューズレポ】独特のクッション性が楽しい ホカ オネオネの「CLIFTON(クリフトン)7」を履いてみた!

 HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)を代表するシリーズの最新作「CLIFTON(クリフトン)7」(税別16,000円)が8月初旬に発売された。「マシュマロのようなクッション」と表現されるホカ オネオネのシューズの中で、クリフトン7はどんな特徴があるのだろうか。今も市民ランナーとして走り続けている月陸編集者(マラソンの自己ベストは2時間43分)が実際に履いてみた感想をお届けする。

定番のシリーズがアップデート

8月初旬に発売されたHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「CLIFTON(クリフトン)7」 分厚いミッドソールによるクッション性と、想像以上の軽さ。HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「CLIFTON(クリフトン)」シリーズは、これまで多くのランナーから評価されてきた同ブランドの定番シューズだ。

 8月初旬に発売された「CLIFTON(クリフトン)7」も、従来の路線を受け継ぎながら細かいところが改良されている。まず、アッパーの素材はオープンエンジニアードサンドイッチメッシュになり、通気性が向上。踵には着脱に便利なプルタブがつき、履き口の中にはフィット性を高めるためのアンクルパットも追加された。

 重さは27.0cmで247gと、前作よりも8g軽量化。他社も含めるとジョギング用モデル全体で見れば平均よりやや軽い程度だが、ミッドソールのボリュームは段違いだ。シューズを手に持ってみても、見た目からは想像できないような軽さがある。

ゆっくり走るには最適

ミッドソールの基本構造は「RINCON(リンコン)2」とほぼ同じ。アウトソールに使われているラバーの面積が広く、耐久性が高くなっている 足を入れてみると、まずアッパーのフィット感の良さが印象的だ。足の甲をしっかりホールドし、走行時の横ブレなどもなく安定している。普段25.0~25.5cmのシューズを履く筆者は25.0cmをチョイス。指先はやや余るものの、実際に走るとホールド性の高さもあって支障はない。アンクルパットのおかげで踵の位置も安定し、全体のフィット感は良好だ。

 そして、何よりも走っている時のミッドソールの柔らかさが楽しい。「マシュマロのようなクッション」と呼ばれる通り、「ムニッ」と着地した時の気持ち良さは以前紹介した「RINCON(リンコン)2」と似た感触。ただし、アウトソールのラバー素材のパターンが異なるためか、このクリフトン7はリンコン2のような『足裏感覚』はそこまでではなく、「面」全体で接地するような感覚となっている。また、ソールの素材は独自素材ではなく、シューズでは一般的な素材であるEVAなのだから驚きだ。

 一方、トラックで走ってみたところ、1000m4分を切るスピードになると接地時のレスポンスの遅れが気になった。個人的にはこの靴で快適に走れるのは1km5~6分あたりだと感じる。それ以上のスピードを出したい時は同ブランドのレース用モデル「CARBON X(カーボン エックス)」などを履くのが無難だろう。

 中上級者のジョグからファンランナーのレース、トレーニングまで、長く走りたい時に活躍できそうなシューズだ。山本慎一郎/月刊陸上競技

フォローする