駒澤大学陸上部寮母・大八木京子さん 選手に食事を作り続けて26年、一人ひとりへの心配りと情熱

引用元:4years.
駒澤大学陸上部寮母・大八木京子さん 選手に食事を作り続けて26年、一人ひとりへの心配りと情熱

今回の「M高史の駅伝まるかじり」は、駒澤大学陸上競技部・大八木弘明監督の奥様・京子さんのお話です。駒澤大学で大八木弘明さんが監督に就任して以来(コーチ、助監督も含む)、寮母として学生たちに美味しい食事を作り続けて今年で26年。私・M高史も大変お世話になった京子さんにお話を伺ってきました。

駒大ではマネージャー、大八木監督と同級生

神奈川県出身の京子さん。駒澤大学入学後は陸上部のマネージャーになりました。のちに駒澤大学陸上競技部の監督となる大八木弘明さんが実業団を経て24歳で入学されてきたのもこの年でした。京子さんとは年齢は5つ違いますが、同学年です。

当時の駒澤大学は箱根駅伝には連続出場していたものの、予選会の常連校。京子さんはマネージャーとして、タイム計測など練習のサポートがメインでした。

「マネージャーもあまりいなくて、故障者が代わる代わる手伝いをしている状況でしたね」と京子さん。当時はお世辞にも綺麗とは言えない古い寮で、選手も各自で自炊しているような状況。「箱根駅伝前になると寮へ行き、買い出し、食事の手伝いをしていました」。箱根前限定で食事のサポートもあったそうですが、今とはだいぶ違っていたそうです。

そんな駒澤大学でしたが、大八木弘明さんが3年生の時に2区で区間賞を獲得。さらに3区で駒澤大学が一時単独トップに立ちました。「箱根強豪校でもない予選会常連校だった駒澤がトップに立って、みんな大騒ぎでしたね(笑)」と当時のエピソードを教えていただきました。

夫婦で母校のために

大学では社会科の教員免許を取得された京子さん。卒業後は高校で講師をされていました。その後月日は流れ、29歳の時に、当時まだ実業団のヤクルトでコーチ兼選手だった大八木弘明さんとお付き合いをすることになり、そのままご結婚されました。

ちょうどその頃、駒澤大学は箱根駅伝に連続出場はしていたものの、毎年予選会の常連校で、徐々に本戦出場が危ぶまれていた時期でした。そんな中、大八木さんは母校から声がかかって駒澤大学のコーチに就任します。

今でこそ各大学では寮や合宿所で栄養バランスのとれた食事が提供されていますが、就任当初は選手自ら自炊。「練習が終わって疲れて帰ってきて、簡単なもので済ませたり、朝練習の途中で1年生が抜けて朝食を作ったり」という状況でした。

もっとも、このような状況は駒澤大学だけではなく、30年近く前ではどこの大学も同じような環境だったそうです。アスリートにとって、トレーニングとともに栄養や休養はとても重要。大八木コーチは就任直後、「食事も簡単なもので済ませたり、いい加減だったりでは強くなるわけがない」とすぐに、妻である京子さんに「寮で学生たちに食事を作ってくれないか」とお願いをします。

のちにチームのエースとなり、実業団に進んでからはマラソンで日本最高記録(当時)も樹立された藤田敦史さん(現・駒澤大学陸上競技部ヘッドコーチ)も、入学当初は貧血に苦しまれていました。栄養バランスの良い食事をとることによって、貧血も改善されてチームのエースとなり、学生長距離界を代表する選手になったのです。

京子さんも「何十人分もの食事を作ったことはなかったですし、最初の寮(四誓寮)は調理場も狭くて、あまりキレイではなかったですし、慣れるまでは大変でしたね」。ここから、駒澤大学陸上競技部で食事を作り続ける日々が始まり、今年で26年目になります。四誓寮で4年、以前の道環寮で18年、現在の道環寮になって4年、厨房の環境はずいぶん良くなっていったそうです。

それにしても、いま在籍している選手の皆さんが生まれる前から食事を続けられているかと思うと、OBの1人として本当に感謝と尊敬の言葉しかありません!

2人の娘さんが産まれて、育てながらも食事を作り続けてきました。娘さんがまだ小さいときはおんぶしながら、毎日厨房に立たれていたそうです。

「娘がちょっと大きくなると、学生のみんなが見てくれたから、だいぶ楽になりましたね」と当時を懐かしむように話されました。娘さんたちが小学校に上がれば学生が宿題を見たりと、当時はずっと寮で過ごしていました。京子さんが食事を作ってくださり、監督も練習後は寮で過ごされていたので、まさに「大八木ファミリー」。家族のようなあったかい雰囲気の陸上部です。ちなみに小さかった娘さんたちも、もう成人です。次ページは:学生一人ひとりのために

1
/3ページ

フォローする