東京オリンピック 札幌でマラソンと競歩の実地検証 組織委

引用元:毎日新聞
東京オリンピック 札幌でマラソンと競歩の実地検証 組織委

 東京オリンピックの大会組織委員会などは6日、マラソンや競歩の会場となる札幌市で気象や人の往来について調べる実地検証を始めた。9日まで。来年8月の競技日と同じ曜日や時間帯に検証し、運営計画に生かす。

【写真特集】東京五輪、あと1年

 この日は札幌駅前通(札幌市中央区)を往復する競歩のコースを視察。小雨が降る中、組織委の森泰夫・大会運営局次長や北海道警、札幌市の担当者ら約60人が気温や湿度などを調べた。

 マラソンは8、9日に大通公園(同区)を発着する約20キロを1周、約10キロを2周するコースで検証する。組織委は10月までにコースを公式に計測し、来春にはテスト大会を計画している。五輪では8月5、6日に競歩、7、8日にマラソンを行う。【岸川弘明】

フォローする