橋岡優輝、セイコーGGP出場へ「五輪プレ大会の気持ちで最高のパフォーマンスを」

引用元:スポーツ報知

 日本陸連は6日、セイコーゴールデングランプリ(23日、国立競技場)に参戦するフィールド種目の選手を発表した。

 男子走り幅跳びには、昨秋のドーハ世界陸上8位入賞の橋岡優輝(21)=日大=が参戦する。「本来ならばオリンピックがあった時期に、国立競技場で開催される貴重な試合なので、プレ大会の気持ちで最高のパフォーマンスを発揮したいと思います。また、全国的にコロナウイルスが拡大している中、このような試合を開催できるのは医療従事者をはじめとする多くの方々のおかげであり、その方々に結果という形で恩返しできるように頑張ります」と抱負を語った。

 発表された出場選手は以下の通り。

 【男子】

 ▽走り幅跳び

城山正太郎(ゼンリン)

橋岡優輝(日大)

津波響樹(大塚製薬)

 ▽走り高跳び

戸辺直人(JAL)

衛藤昂(味の素AGF)

 ▽棒高跳び

沢野大地(富士通)

山本聖途(トヨタ自動車)

江島雅紀(日大)

 ▽やり投げ

新井涼平(スズキ)

 【女子】

 ▽走り幅跳び

秦澄美鈴(シバタ工業)

 ▽やり投げ

佐藤友佳(ニコニコのり)

※6日現在。今後出場が決まり次第、選手は追加される。報知新聞社

フォローする