青学大強さの秘密は“鉄板コミュニケーション” 原監督「食事を楽しむこと」

引用元:スポーツ報知
青学大強さの秘密は“鉄板コミュニケーション” 原監督「食事を楽しむこと」

 今年の第96回箱根駅伝(1月2、3日)で2年ぶり5度目の優勝を果たした青学大の原晋監督(53)が5日、オンラインイベントに出席。200人以上の参加者とリモートランチを楽しみながら、妻・美穂さんや神林勇太主将(4年)らと食事の大切さを語った。

 食事をトレーニングの一部ととらえるチームもあるが、青学大はそれが自然とできる環境にある。原監督は「まずは色とりどりの食事を楽しむことが大事」と笑顔の絶えない食卓を整えた。美穂さんも「本当にうるさいくらいにぎやかですね」と選手たちは会話を大切にしながら食事している。各自のタイミングではなく全員で食べることで、食事にかける時間も長くなり、より消化しやすくなる。

 さらに、2か月に1度はチーム全体で食事会を実施。指揮官は「鉄板コミュニケーションですね。お好み焼きやもんじゃ焼きをしながらわいわい食べる。結束も高まりますよ」。チームワーク構築のツールとしても食を取り入れ、結果につなげている。「腸が整わないと箱根駅伝6度目の優勝はありません。あと5か月、大腸活大作戦で頑張ります」と高らかに宣言し、駅伝シーズンを見据えた。報知新聞社

フォローする