JOC、トップ選手でオンライン会議 五輪簡素化、組織委が説明

引用元:時事通信

 日本オリンピック委員会(JOC)は31日、来夏の東京五輪代表や候補らトップ選手によるオンラインのミーティングを開いた。新型コロナウイルスの影響による1年延期を受けて意見交換を行うとともに、五輪・パラリンピック組織委との質疑応答を実施。JOCアスリート委員会委員長の沢野大地(富士通)=陸上男子棒高跳び=は「開催へさまざまな方が尽力している。不安が払拭(ふっしょく)されたと思う」と述べた。

 重量挙げ女子の三宅宏実(いちご)、新体操の皆川夏穂(イオン)ら選手61人が参加。組織委によると、五輪の簡素化について質問があり、室伏広治スポーツディレクターらが検討に至った経緯を説明。競技の基本的な部分は維持する方針が示された。

 会議後、取材に応じた三宅は「五輪が来年あるのか、という不安はあるが、選手の気持ちをくんでもらっている。前向きに、できることをやっていく」と語った。 

フォローする