三浦龍司が障害3000メートルで日本歴代2位記録

引用元:日刊スポーツ

<陸上:ホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会>◇18日◇千歳市青葉陸上競技場◇男子3000メートル障害

順大1年の三浦龍司が、日本歴代2位となる8分19分37の好タイムをマークした。日本記録は2003年に岩水嘉孝(トヨタ自動車)が出した8分18秒93。三浦は「自分でも驚いている。コロナで苦しい思いをしている人がいる。そうした人々に勇気が出るレースをできたのでは」と話した。青木涼真(ホンダ)、山口浩勢(愛三工業)も8分30秒を切る好タイムをたたき出した。

京都・洛南高出身の三浦は昨年、日本選手権3000メートル障害予選で高校新記録をたたき出し、決勝でも高校生ながら5位入賞を果たしていた。

フォローする