箱根駅伝初出場へ! 徳本一善体制で挑む10年目の予選会、駿河台大学は「組織力」で戦う

引用元:4years.
箱根駅伝初出場へ! 徳本一善体制で挑む10年目の予選会、駿河台大学は「組織力」で戦う

「この1~2年で歯車がカチンと合ってきて、とくに今年はかつてないほど『組織力』が高まっています。学生からのフィードバックがめちゃくちゃ早いし、僕が何も言わなくても勝手に練習するんですよ」。駿河台大学の徳本一善監督(41)は自信をもってそう口にした。「箱根駅伝につれていってほしい」と請われ、駿河台大のコーチに就任したのが2011年のこと。指導して10年目を迎える今年、チームは「箱根駅伝予選会5位以内」を明確に見すえている。

青学・原監督も知る組織の強さを取り入れたい

徳本監督が「組織力」の強化を図ったのは5年前、自身が法政大学時代にコーチとしてお世話になっていた小金澤英樹さんをアドバイザリーコーチとして迎え入れたことに始まる。「箱根に出たことがない無名の大学に来て、なんとか指導してきたものの、もっとチームを強くするには根本的なところが足りないと思っていました。『組織力』だなって。原さん(青山学院大学・原晋監督)も中国電力にいて組織の強さを学んだ、と言っていたから気になっていたんです」

小金澤さんは現在、SMBC日興証券で働きながら、外部スタッフとして駿河台大で指導をしている。徳本監督は法政大を卒業した後も小金澤さんとの交流があり、駿河台大からまずはコーチとして打診があった時も、小金澤さんに相談していたという。小金澤さんは最初、「聞いたことのない大学でやるのは大変だし、もしかしたら自分のバリューを下げてしまうかもしれない。だったら名門大学から声がかかるのを待つのも一案じゃないか」と徳本監督にアドバイスをした。しかし徳本監督の覚悟を知り、最後は教え子の背中を押した。「こうして私も一緒に指導することになるなんて、その時は考えもしませんでしたよ」と小金澤さんは笑う。

「カラーが強烈な監督ありきなチームじゃいけない。だからお前がちょっと下がらないと駄目だよ」と小金澤さんはまず言い、選手に役割を与えることから始めた。監督から選手に伝えることと、選手が選手に伝えることでは、互いの印象は大きく変わる。

さらに各学年のリーダーに加え、実力別のA~Dグループ内のリーダーという、縦と横のユニット別に役割も設けた。以前であれば徳本監督が学生に指示をする一方だったが、今は目標に対するアプローチを学生が考えて実践し、それをすぐに徳本監督へフィードバックするという環境が整っている。「去年はまだごまかしている選手がいたけど、それがほぼなくなった。選手が選手に厳しい意見を言ったり、コーチ陣よりも早くリーダーたちが選手に気付きを与えてくれるようになったりしてて、僕が知らないことがほぼないですね」。以前であればちゃんと練習しているか気にかけなければいけなかったが、今は選手たちが率先して練習しているため、徳本監督は朝練に行かなくなったという。次ページは:チームの目玉は監督でもエースでもなく主将

1

/3ページ

フォローする