駅伝界のヒロインがモデルに転身!走る楽しさを伝え続ける福内櫻子さん

引用元:4years.
駅伝界のヒロインがモデルに転身!走る楽しさを伝え続ける福内櫻子さん

大東文化大学では駅伝、インカレで活躍しユニバーシアード日本代表にも選ばれた福内櫻子さん。現在はランニングアドバイザー、モデルとしてランニング指導や普及活動に取り組まれています。そんな福内さんにお話をうかがいました。

双子で始めた陸上競技

福岡県北九州市出身の福内櫻子さん。保育園の時から足は速かったそうです。小学校ではマラソン大会で6年間1位。ちなみに福内さんの双子の妹が6年間2位。双子姉妹で毎年ワンツーフィニッシュだったので「マラソンの時は目立っていましたね(笑)」と振り返ります。

双子そろって中学では陸上部へ。小学校でのバスケ部の経験もあって、チームワークを発揮するのが好きという理由から、トラックの個人種目よりも駅伝が大好きだったそうです。

中学時代は県大会の800mでギリギリ入賞するくらいの成績。チーム内でも2~3番手とそこまで突出した成績ではなかったそうですが、チームメートと力を合わせて駅伝に挑むのが楽しかったそうです。

スピードを磨いた高校時代

高校は、お姉さんが通っていたということで近畿大学附属福岡高校へ。ここで双子姉妹は別々の道へ。福内さんだけが陸上を続けます。

「高校では400mや800mを3年間やっていました」という福内さん。ダイナミックな腕振りから繰り出されるスピード感あふれる走りは、高校時代に培われていたんですね。

400m、800mという種目がら、長い距離を走り込むというよりも、スピードや筋力を重視した練習を行なっていました。「短距離と同じような筋力トレーニングもやっていましたし、ジョグも20分程度です。その代わりジョグのペースはペース走に近く、1km3分40秒くらいから入って、ラスト1kmは3分15~20秒まで上がります。毎朝、朝練でやっていました」。量よりも質を重視。短い時間で集中して練習に取り組んでいたそうです。

中学までは県大会で入賞のレベルだった福内さんですが、質を重視したトレーニングの成果も発揮されたのか、高校では1年生からインターハイに出場。800mで3年連続インターハイ出場を果たしました。

「魂で走っていました!」と振り返る高校時代。自宅から通っていたそうですが、家から学校までが遠く、朝練習のため毎朝5時半に家を出て、授業や練習を終えて帰宅は22時。電車の中でも陸上ノートを見たり、ご自身のランニングフォームの動画を見たり、常に陸上競技に向き合っていました。次ページは:大東文化大学で長距離に転向

1
/3ページ

フォローする