5000m現役日本人学生最速は皇学館大学の川瀬翔矢 東海地区から全国に挑む

引用元:4years.
5000m現役日本人学生最速は皇学館大学の川瀬翔矢 東海地区から全国に挑む

新型コロナウイルスの影響で4月以降のレースが行われていないが、現役で5000mナンバーワンの記録を持つ日本人学生は、箱根駅伝に出場でき、高校長距離上位選手がこぞって進学する関東の選手ではない。三重県にある皇學館大学4年生の川瀬翔矢(近大高専)。彼は昨年、13分36秒93で走っている(※)。東海地区で川瀬が強くなれたのはどうしてなのか。簡単に答えが出るテーマではないが、その点を意識しながら川瀬の皇學館大での3シーズンを2回にわたり振り返る。前編は昨年11月の記録ラッシュと、大学1年の快進撃について。

※室内では東海大の塩澤稀夕(現4年、伊賀白鳳)が今年2月に13分33秒44を記録した。室内の記録も会場の条件次第では世界記録や日本記録として公認されるが、陸上競技の記録としては通常、屋外とは区別して扱われる

怒濤の進撃を見せた昨年11月

2019年11月。川瀬が見せた関東勢に引けを取らない快記録の連発は、駅伝ファンの記憶に残っていることだろう。

月頭(11月3日)の全日本大学駅伝は2区で区間11位だったが、2週間後(17日)の日体大長距離競技会5000mでは13分36秒93、翌週(23日)の八王子ロングディスタンス10000mでは28分26秒37をマークした。5000mは相澤晃(東洋大4年、現旭化成)の13分34秒94に次いで、日本人学生ではシーズン2番目のタイム。10000mは田澤廉(駒澤大2年、青森山田)、塩澤稀夕、浦野雄平(國學院大~富士通)、伊藤達彦(東京国際大~Honda)ら、学生のビッグネームたちと同レベルだった。

川瀬はその2レースを「動きすぎて怖いくらいでした」と振り返る。

「説明しにくいのですが、『動かす』というより『脚を回したら進んで行く』、と言った方がいいかもしれません。日体大の4~5日前の練習で2000m2本をやったときも、今までになかった5分34秒と5分29秒で行けていたのですが、それと比べてもやばかった。緊張もしていましたがリラックスもできていました。(1500mの日本選手権優勝者の戸田雅稀=サンベルクス=ら)メンバーもよかったですし、歓声もすごくて高揚感があって。楽じゃないけどキツさも感じなかったですね」

日体大での川瀬は一種のゾーンに入っていたのだろう。と同時に、東海地区のレベルをすでに超越した存在になっていた。5000mは10月に13分49秒24を出し、東海学生記録を40年ぶりに更新していたが、日体大で再度更新し、翌週の10000mでも東海学生記録を39年ぶりに約12秒更新した。

両種目の東海学生記録を持っていた川口孝志郎は、中京大在学中に全日本大学駅伝の3区(当時は23.5kmの最長区間)で区間賞を3年連続で取り、卒業後の1983年にびわ湖マラソンで優勝。同年の第1回世界陸上代表に選ばれた東海地区のレジェンド的なランナーだ。

「東海学生記録は一つの基準だとは考えていましたが、それよりも13分43秒00の日本選手権5000m標準記録を絶対に破りたいと思っていました」

川瀬が見ていたのは日本のトップで戦うこと。東海学生記録はそこに向かう過程で、一つの目安にすぎなかった。次ページは:1500mの好成績が全国で戦う自信になった1年次の前半

1
/3ページ

フォローする