東京五輪が簡素化を検討へ 規模縮小なら“標的”にされる種目は?

東京五輪が簡素化を検討へ 規模縮小なら“標的”にされる種目は?

 開催を目指すなら当然だろう。

 来年夏に延期された東京オリンピック・パラリンピックは、新型コロナウイルスの世界的な流行の長期化や経費削減に対応するため、政府と組織委員会、東京都などが開催方式の簡素化を検討していることが明らかになった。

 具体的には、各競技会場での観客数の削減、開閉会式での参加者の絞り込み、セレモニーの縮小、選手や大会関係者だけでなく、観客全員にPCR検査を義務付け、選手村からの外出も制限するといった内容だ。

 気温が上がっても感染力が落ちない新型コロナウイルスだ。来年の開催だってどうなるかわからないが、何としても中止は避けたい関係者たちが大会の簡素化を検討するのは当たり前。「完全な形」での開催を主張してきた安倍首相の方針が変更されることは間違いないだろう。

■条件が揃いすぎている

 そこで陸上関係者が心配しているのがマラソンの扱いだ。コロナ感染が国内で広がりを見せた2月から、国内のマラソン大会は次々に中止となっている。3月1日に行われた東京マラソンも3万8000人の一般ランナーの部は取りやめとなった。すでに12月まで750以上の国内マラソンは中止を決定。大阪府の吉村洋文知事は、11月29日に予定されている大阪マラソン(募集定員3万5000人)も「開催は難しいのではないか」と言っている。

 一般道路を使うマラソンや競歩は他の競技とは、競技運営などが大きく異なる。

 陸上関係者が言う。

「前回のリオ五輪のマラソンは男女とも約160人が参戦。競歩も80人ぐらいが密の状態からスタートする。マラソンは競技役員やボランティアも多数必要だし、一番の問題は沿道の応援制限が難しいことです。東京マラソンは応援自粛をお願いしても7万2000人が沿道に集まった。マラソンは札幌移転で変則周回コースになるが、それでも五輪本番なら東京以上の人は集まるでしょう。マラソン、競歩は有料観客席を設けずチケットはなしです。それだけのPCR検査をどこで、どうさばくのか」

 さらに関係者は続ける。

「マラソン・競歩の札幌移転により、国際オリンピック委員会(IOC)は20億円以上の経費を負担すると聞いている。その後の世界的なコロナ感染により、IOCは、東京五輪延期に伴う追加経費や国際競技連盟や各国・地域の国内オリンピック委員会への支援に合計8億ドル(約860億円)も使うことになった。札幌移転の20億円は痛いでしょう。世界陸連は昨年、五輪の男子50キロ競歩は東京大会で最後になるという決定をした。4時間前後もかかる競技時間や若者に人気がないことが理由といわれているが、これは、試合展開が単調で長時間競技を嫌うIOCの意向が大きい。どうしても開催にこだわれば、不完全な形になるのは仕方ないが、マラソン・競歩は削減される条件が揃っているだけに心配ですよ」

 昨年の世界陸上男子競歩は、50キロで鈴木雄介が、20キロでは山西利和がダブルで金メダルを獲得した。開催にこぎつけても、競技が行われなければ選手は泣くに泣けない。

フォローする