【箱根予選会】桜美林大のレダマ・キサイサが1位、日本人トップは東京国際大・伊藤

引用元:スポーツ報知
【箱根予選会】桜美林大のレダマ・キサイサが1位、日本人トップは東京国際大・伊藤

 ◆報知新聞社後援 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(26日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地スタート、国営昭和記念公園ゴール=21・0975キロ)

 出場43校の全選手が一斉スタートし、各校の上位10人の合計タイムを競う。10位以内の大学が本戦(来年1月2、3日)の出場権を獲得する。

 全体1位でゴールしたのは、1時間1分1秒のレダマ・キサイサ(桜美林大4年)。日本人トップは1時間2分34秒で全体5位の伊藤達彦(東京国際大4年)だった。

フォローする