桐生ら陸上トップアスリート3人、高校生支援のプロジェクト始動

 新型コロナウイルスの感染拡大で全国高校総体が中止されたのを受け、陸上競技のトップアスリート3人が、高校生を支援するプロジェクトを始めると、3日、発表した。

 男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀(日本生命)、男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(すぐる)(ナイキ)、女子100メートル障害の日本記録を持つ寺田明日香(パソナグループ)の3人。「日本生命 高校陸上ウィズ・アスリーツ・プロジェクト」を発足させ、第1弾として、12日にウェブで、高校生への思いや支援について意見交換し、公式SNSなどで配信する。

フォローする