日大陸上部が大御所OBを迎えるも…古豪復活へ厳しい道のり

日大陸上部が大御所OBを迎えるも…古豪復活へ厳しい道のり

 大学陸上界に驚きの声が上がった。

 日大陸上部(特別長距離部門)の新監督に、同大OBで大東大の元監督の青葉昌幸氏(77)が就任することが決まった。正式発表は近日中にされるが、すでに青葉氏は同陸上部HPのスタッフ欄には名を連ねている。

 日大は箱根駅伝12回、全日本大学3回、出雲5回優勝の駅伝の名門校だが、箱根の優勝は1974年が最後(全日本と出雲は09年)。15年からは6年連続シード落ちと低迷。18年大会は予選会11位で出場権も逃した。

■100周年迎えて白羽の矢

 日大陸上部は今年創部100周年を迎えたが、古豪復活の兆しはまったく見えない。そこで白羽の矢が立ったのが日大OB(64年日本選手権3000メートル障害、65年同1500メートル優勝)で、同大陸上部同窓会(桜門陸友会)会長の青葉氏だ。

 青葉氏は大東大監督時代に箱根で2度の連覇(75、76年、90、91年)を達成。全日本大学駅伝は4連覇を含む7度の優勝(出雲は1回)など、黄金時代を築いた。

 現場を離れた後、07年から16年までは関東学生陸上競技連盟の会長を務めていた。20年ぶりの現場復帰には疑問の声が少なくない。

 箱根駅伝常連校の関係者が言う。

「青葉さんの現場復帰の噂は昨年ぐらいから聞いていた。でも、まさか受けるとは思わなかった。関東学連の会長を務めたご老体ですからね。07年から会長になったのは、前職の広瀬豊会長が06年に亡くなり、会長候補だった沢木(啓祐)さんが日本陸連の専務理事になったからです。学連会長の就任前は駅伝対策委員長を務め、調整力を発揮した。組織を動かすことには長けた人です。優勝争いから遠ざかって久しい日大は、そこそこの選手がいた時でも区間配置が下手で順位を落としていた時もあった。青葉さんはライバル校の戦力をしっかり分析し、選手の区間配置もうまい。しかし、駅伝はある程度力のある選手を揃えなければ上位争いは無理。これだけ低迷期が続く日大に、レベルの高い選手が入ってくれるかどうか。青葉さんの指導力や手腕に期待する前に、そこが一番の問題です」

 青学に肩を並べる日は来るか。

フォローする