日大駅伝監督にOB青葉氏…大東大指揮し2度箱根連覇「名門復活に貢献を」

 日大の駅伝監督に、関東学生陸上競技連盟前会長の青葉昌幸(よしゆき)氏(77)が6月1日付で就任することが24日、わかった。退任する武者由幸監督は、一般職員として日大に残るという。

 青葉氏は日大出身。1968~2000年に大東大で監督を務め、2度の箱根駅伝連覇を果たした。18年秋から日大の指導スタッフに加わっていた。日大は今年1月の箱根駅伝で18位。14年大会の7位を最後にシードから遠ざかっている。青葉氏は読売新聞の取材に「まずはシード権を確保し、名門復活の芽吹きに貢献したい」と抱負を語った。

フォローする