マラソン札幌開催、IOCが負担を=東京五輪組織委

引用元:時事通信

 2020年東京五輪マラソン、競歩の札幌開催案について、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は25日、東京都内で取材に応じ、札幌に会場を移して開催することに伴う経費は国際オリンピック委員会(IOC)が負担するべきだとの認識を示した。「この問題はIOCから投げ掛けた。われわれの主張として筋が通っていると思う」と述べた。

 30日から都内で開かれるIOC調整委員会では、マラソン、競歩の東京開催を主張している東京都も交えて協議する。武藤事務総長は札幌開催時の経費の試算を調整委で示す可能性については「(コース決定など)予算の議論をする前提となるべきものが確定していないから難しい」との見通しを語った。 

フォローする