橋本聖子五輪相「まだ中身示されたわけではなく、引き続き注視」追加費めぐるIOCの姿勢に

引用元:中日スポーツ
橋本聖子五輪相「まだ中身示されたわけではなく、引き続き注視」追加費めぐるIOCの姿勢に

 橋本聖子五輪相は15日の定例会見で、東京五輪延期に伴う追加経費について国際オリンピック委員会(IOC)が最大8億ドル(約860億円)を負担する姿勢を示したことに関して、「まだ中身が示されたわけではない。引き続きIOC、組織委、東京都の検討を注視していきたい」と述べるにとどめた。

 8億ドルのうち、6億5000万ドル(約700億円)を大会追加経費、1億5000万ドル(約160億円)を競技団体や各国オリンピック委員会への支援にあてると表明されたが、橋本五輪相は「世界水泳や世界陸上の延期などの経費も延期に伴う経費と見ている可能性もある。どれだけ東京大会にフォーカスされるか」と懸念を示した。

フォローする