JALホノルルマラソン2016 どこまでも自由に走ろう

JALホノルルマラソン2016 どこまでも自由に走ろう

マラソン大会が中止や延期になっている。マラソン大会の雰囲気を思い出してほしい。そういう思いから、これまでランニングマガジン・クリールに掲載したレースレポートを紹介する。第3回は、2016年のJALホノルルマラソン。
2016年12月11日  協力/ホノルルマラソン協会日本事務局

【フォトアルバム】JALホノルルマラソン2016 JALホノルルマラソン2016 どこまでも自由に走ろう ダイヤモンドヘッドの坂を降ったら41km地点手前に。フィニッシュまであとわずか。自然に微笑みがこぼれる

南の島のランニングカーニバル
 44回目となるJALホノルルマラソンは、雨予報だったが、薄曇りから少しずつ陽が差してくる絶好のコンディションになった。光と風に彩られた南の島の自然の中で、2万8000人を超えるランナーが、ランニングカーニバルを楽しんだ。 クリール編集部

フォローする