地域に役立つ組織に…新潟アルビRC大野社長の思い

引用元:日刊スポーツ
地域に役立つ組織に…新潟アルビRC大野社長の思い

新潟アルビレックスランニングクラブ(RC)が、新型コロナウイルス感染拡大防止へ、アクティブな活動を続けている。所属する19人のトップ選手は不自由な練習を行うなか、閉塞(へいそく)した環境を強いられる子どもたちのケアに努めている。地域貢献をテーマにアクションを起こすクラブの大野公彦社長(42)に聞いた。

【写真】新潟アルビに新加入した走り高跳びの長谷川快と円盤投げの高倉星也

   ◇   ◇

新潟アルビレックスRCにとって、20年はクラブとして勝負をかける年だった。東京オリンピック(五輪)が開かれるはずの特別なシーズン。抱えるトップ選手19人で五輪出場選手輩出を狙っていた。約3億8000万円の事業規模だが、過去最大の予算を組んで備えていた。ところが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で東京五輪は来年7月に延期。緊急事態宣言が出されるほど情勢は深刻化した。そんな状況下でクラブは不足していたマスク5000枚を4月17日に新潟市に寄付、同24日には新潟県に1万枚を寄贈してきた。「アル美健康プロジェクト」の一環だった。

大野社長 先行き不透明で1カ月先も読めない。だからクラブ経営も、選手たちも、先を見ずにその時、出来ることをやろうと…。マスクは今、供給され始めているが、子ども用のマスクはまだ足りない。だから「ステイホーム」にちなんだキャンペーンで子ども用マスクを1人に10枚配布する企画を立てた。クラブのツイッター、インスタグラムをフォローしてもらい、子どもや親子が家で体を動かしている動画、写真をアップしてもらう。「頑張ろう」を共有できる投稿へ子ども用のマスクを配布。もうひとつは、トップチームの選手のオンラインレッスンを始める。最初はクラブのスクール生を対象にするが、一般の人たちにも広げていきたい。

新潟アルビRCは「健康二次被害」に対応する取り組みも進めている。学校が休校になり、外出を自粛している子どもたちの体力低下、心のストレスを解消させる運動の指導だ。両親が仕事で昼間の自宅生活が困難な子どもたちを預かる「放課後児童クラブ」にコーチをボランティアで派遣している。広いスペースで体を動かす程度の運動だが、8日までに15カ所を巡る。休校が長引けば、サポートを延長する予定だ。企業が抱える陸上部ではなく、地域に支えられているクラブだからこそ、地域貢献に力を入れる。

大野社長 こういう状況だと、真っ先にスポーツ、芸術の分野が活動を停止する。「スポーツなんかやっている場合じゃない」となる。だからこそ新潟アルビRCが必要というアクションをとり続けたい。クラブは地域に役立つ組織になっていなければ成り立たない。感染拡大が終息して元の状態に戻った時、スポーツの価値は今より上がっていなければならない。

新潟アルビRCは「1日1日、出来ることをやっていく」を掲げながら独自の地域貢献を展開している。今後はクラブ単独ではなく「アルビレックス」の名称を持つクラブと共同して地域貢献する道も探っている。【涌井幹雄】

◆大野公彦(おおの・きみひこ)1978年(昭53)1月3日、新潟市生まれ。新潟第一-国際武道大。現役時代は陸上中距離の選手。県体協のスポーツアドバイザーを経て、4年間はアップルスポーツカレッジ教師。05年の新潟アルビレックスRC設立時の創業役員。13年から社長に。日本実業団陸上競技連合の理事兼強化委員。県陸協の理事。172センチ、67キロ。血液型O。

フォローする