陸上の日本選手権が延期決定、秋開催へ 6月までの主催、後援大会も日程見直し

引用元:THE ANSWER
陸上の日本選手権が延期決定、秋開催へ 6月までの主催、後援大会も日程見直し

 陸上の日本選手権(6月25~28日・ヤンマースタジアム長居)が延期されることが決まった。日本陸連が3日、発表した。新型コロナウイルス感染拡大によるもの。開催時期は秋を予定。9月下旬から10月初旬で会場も含めて調整中だとしている。

【画像】東京五輪で注目!? 陸上界で「めちゃめちゃ美人」と話題と美女ドイツ選手

 また合わせて、4月29日に予定されていた織田記念国際陸上競技大会など、6月までに予定されていた主催、後援大会の中止、延期も決まった。

 尾縣専務理事は以下のようにコメントしている。

「陸上競技を支えていただいている大会関係者のご理解をいただき、6月までの本連盟主催・後援大会を延期・中止できましたことに心から感謝申し上げます。解決すべき多くの課題はありますが、引き続きご協力のほどお願い申し上げます。

 この社会情勢の中、アスリートの皆様は複雑な思いを抱きながら 2020シーズンを迎えたことでしょう。アスリート、そしてその関係者の皆様には、まず新型コロナウイルス感染拡大防止のために適切な行動を取ることを最優先していただき、その中で各々の目標達成のために努力を続けていただきたいと存じます。

 スポーツ界全体が感染拡大防止に刻苦して、この問題が収束をみたときには、スポーツの価値や役割をさらに高めていくような活動に取り組むことができます。今こそ、力を結集しましょう!」 THE ANSWER編集部

フォローする