野口みずきさん、東京へ希望の火…東京五輪 採火式、聖火リレーがスタート

引用元:スポーツ報知
野口みずきさん、東京へ希望の火…東京五輪 採火式、聖火リレーがスタート

 東京五輪の採火式が12日、古代五輪の舞台だったギリシャ西部のオリンピア遺跡で行われ、聖火リレーが始まった。世界的に新型コロナウイルスが感染拡大し、開催を危ぶむ声も出る中、2004年アテネ五輪女子マラソン金メダリストで、日本人最初の聖火ランナーを務めた第2走者の野口みずきさん(41)が大会成功に向けた“希望の火”をともした。聖火は20日に空路で宮城県に到着後、26日に福島県を出発して7月24日の開幕まで121日間、47都道府県を回る。

 世界の“闇夜”を明るく照らすオレンジ色の炎が、厳かに燃え上がった。東京五輪の開幕まで134日。雲一つなく晴れ渡る青空の下、五輪の聖地・オリンピアで聖火がついにともされた。

 感染防止のため異例の無観客で催された式典は関係者のみの100人程度。人もまばらな古代遺跡「ヘラ神殿」で粛々と行われた採火式の後、聖火リレーが始まった。日本人最初のランナーとなった野口さんは桜をイメージした重さ1・2キロのトーチを右手に、左手にオリーブの枝を掲げ、約200メートルを走った。史上初めて女性で第1走者となった射撃の16年リオデジャネイロ五輪覇者で地元ギリシャのアナ・コラカキ選手からつないだ希望の火。大会成功を願い、前日は市内を8キロ走って備えた。野口さんは「五輪のふるさとに戻ってきたような感じで、かみしめながら走った。この空気を感じながら、一生忘れないぞと思いながら走った」と大役を振り返った。

 開催を危ぶむ声が高まる中での船出となった。感染は米国や欧州でも急速に広がり、11日には世界保健機関(WHO)が「パンデミック(世界的大流行)」を表明。それでも国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は「成功に向けて努力している」と改めて五輪の予定通りの開催を強調した。式典では「聖火が56年ぶりに東京に戻り、希望が国全体を照らす。五輪は日本国民、特に9年前に震災に遭った地域にとって再び希望と自信の象徴になる」と訴えた。大会組織委員会の遠藤利明副会長も「各国が力を合わせ、一日も早い感染終息を願っている。組織委としてもIOC、日本政府、東京都と一体となり7月からの大会を万全の態勢で成功させていく」と誓った。

 カウントダウンに突入した2020東京。聖火リレーはギリシャ国内で8日間行われた後、19日の引継式を経て、26日に日本でスタートを切る。

 ◆東京五輪・聖火リレーのトーチ 全長710ミリ、重量1.2キロ(本体約1キロ、燃料部約200グラム)。色は「桜ゴールド」。素材はアルミニウムで、東日本大震災復興への思いを込め、仮設住宅のアルミ建築廃材約30%を再利用。新幹線の製造技術(アルミ押出)を用いてつなぎ目のないトーチに。炎が出る燃焼部は桜の形で、5つの花びらから出る炎が中央で一つになる。コンセプトは「Hope Lights Our Way(希望の道を、つなごう)」。悪天候の中でも美しく力強い炎を維持するための技術も入っている。

 ◆1964年東京五輪の聖火リレー 採火式は同年8月21日に行われ、まずはオリンピアからアテネまで1日かけて夜通しでギリシャ国内をリレーした。聖火は9月7日、沖縄に到着。10月10日の開会式に合わせ、4ルートでのべ10万713人がトーチをつないだ。

 ◆旭日旗を手にした 男性が立ち入り試みる

 ○…新型コロナウイルス感染防止のため異例の無観客で催された式典には、関係者ら100人程度のみが出席。会場のヘラ神殿周辺の道路では警察官らが関係者の参加許可証や手荷物を慎重に確認し、人はまばらな状況だった。ギリシャ国内ではこの日、新型コロナ関連の死者が初めて出た。また、会場周辺では日本人とみられる男性が旭日旗などを片手に駆け付け、敷地内への立ち入りを試みて阻まれる場面があった。 報知新聞社

フォローする