ギリシャで聖火採火式 野口みずき氏が笑顔の走り

引用元:日刊スポーツ
ギリシャで聖火採火式 野口みずき氏が笑顔の走り

快晴のヘラ神殿で東京オリンピック(五輪)の聖なる火が採られた。32人の巫女(みこ)の1人が凹面鏡にトーチをかざし、太陽光から採火。古代オリンピック競技場へ火を運んだ32人は、伝統的な音楽に乗せて演舞。その後、国立競技場で7月24日に行われる開会式まで135日間の聖火リレーがスタートした。

【写真】オリンピアの神殿で神々しい巫女姿の女性が聖火をつぼに移す

女性として史上初めて第1走者となったのは、16年リオデジャネイロ五輪射撃金メダルのアナ・コラカキ(23)。トーチを右手に走った。第2走者を務めた04年アテネ五輪女子マラソン金メダルの日本の野口みずき氏(41)は笑顔でカメラマンにこたえ「気持ちを入れて」16年ぶりのギリシャの土を踏みしめた。

当初はIOCやギリシャ五輪委員会(HOC)、東京大会組織委員会、招待客ら2000人規模の予定だった採火式は、100人程度まで規模を縮小。座席も離して配置するなど「聞いたことがない」と関係者がいうほど異様なムードだった。それでも、組織委の遠藤利明会長代行は式典のあいさつで「新型コロナが全世界で拡大する中、万全の体制で迎えてくれたギリシャに感謝したい。組織委員会として万全の体制でオリンピックを迎える」と笑顔をみせていた。

フォローする