東京五輪代表を決めた一山麻緒が実感したナイキ「最新厚底シューズ」の効果とは…

引用元:中日スポーツ
東京五輪代表を決めた一山麻緒が実感したナイキ「最新厚底シューズ」の効果とは…

 名古屋ウィメンズマラソン(中日新聞社など主催)を2時間20分29秒の日本歴代4位、日本選手の国内最高記録で優勝し、東京五輪代表に決まった一山麻緒(22)=ワコール=がレースから一夜明けた9日、名古屋市内で取材に応じた。

【写真】東京五輪内定!一山麻緒が歓喜のゴール

 ナイキ社の最新厚底シューズでレースに臨んだ一山は「今までは30キロ以降で足裏の痛さが気になったが、今回は気にならなかった。次の日の足裏の痛みも少ない」とその効果を実感。2時間21分30秒を出すため、1キロあたり3分20秒のハイペースを体に染み込ませた練習に加え、厚底シューズが好走を後押しした。女子は男子に比べて筋力がないため、厚底シューズを履きこなすのが難しいとされるが、「腰高な走りだと思うので、それでうまく使えてるのかな」と自己分析。東京五輪でも同社のシューズを履く意向を示した。

フォローする