【名古屋ウィメンズ】新型コロナ厳戒態勢の中でスタート 天候は雨、東京五輪代表残り1枠を福士ら争う

引用元:THE ANSWER
【名古屋ウィメンズ】新型コロナ厳戒態勢の中でスタート 天候は雨、東京五輪代表残り1枠を福士ら争う

 陸上の名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着で号砲。福士加代子、安藤友香、一山麻緒(いずれもワコール)らによる、女子マラソン東京五輪代表残り1枠の争いがスタートした。

【画像】「写真が違いを証明した」と米注目、昨年は人、人、人! 今年は…人数の違いが一目瞭然の実際の東京マラソン比較写真

 雨天の中、9時10分の号砲前には歌手の大黒摩季が国家独唱。選手の気持ちを高めた。

 レースは新型コロナウイルスの影響を考慮して一般ランナーの参加を中止し、女子マラソンの東京五輪代表最終選考を兼ねた「エリートの部」のみ実施。発着最寄り駅の構内には「沿道での観戦はご遠慮ください」と大きく赤字で書かれた看板を掲示。関係者も入館時に手指のアルコール消毒、マスク着用が必須となるなど、厳戒態勢の中で始まった。

 東京五輪代表には前田穂南(天満屋)と鈴木亜由子(日本郵政グループ)が内定済み。今回のレースで、1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回った最上位者が最後の1枠に内定し、上回る選手がいなかった場合は、松田が3人目の代表に内定する。 THE ANSWER編集部

フォローする