「第4の男」大塚祥平の覚悟…びわ湖毎日マラソンで日本記録超えられなくても五輪に照準

引用元:スポーツ報知
「第4の男」大塚祥平の覚悟…びわ湖毎日マラソンで日本記録超えられなくても五輪に照準

 東京五輪代表選考レース最終戦を兼ねた、びわ湖毎日マラソンは8日、滋賀・大津市の皇子山陸上競技場発着の42・195キロで行われる。昨年9月の代表選考会MGCで4位だった大塚祥平(25)=九電工=は7日、大津市内で約1時間、軽めに走って最終調整。東京マラソン(1日)で大迫傑(28)=ナイキ=がマークした2時間5分29秒の日本記録を超えられなかった場合も「日本代表」の一員として8月9日の東京五輪男子マラソンに照準を合わせる考えだ。

 「第4の男」大塚の覚悟は決まっている。びわ湖で大迫の日本記録が更新されなければMGC4位の大塚とMGC5位の橋本崚(りょう、26)=GMO=が補欠。大塚以外の選手が日本記録をマークした場合、MGC3位の大迫と大塚が補欠となる。つまり、大塚は少なくとも補欠が確定。「8月9日にレースがあることを前提に年間の強化日程を組んでいます」と九電工の綾部健二総監督(51)は明かす。

 大塚が、びわ湖で大迫の記録を超えることは難しいが、夏マラソンの強さには定評がある。補欠となった場合、正選手のアクシデントを願うわけではないが、全力で夏の東京五輪に向かう。

(竹内 達朗)

 ◆大塚 祥平(おおつか・しょうへい)1994年8月13日、大分市生まれ。25歳。2013年に大分東明高から駒大に入学。箱根駅伝には4年連続で出場し、1年8区6位、2年8区2位、3年5区4位、4年5区区間賞。17年に卒業し、九電工に入社。自己ベストは1万メートル28分25秒42、ハーフマラソン1時間1分9秒、マラソン2時間10分12秒。170センチ、54キロ。 報知新聞社

フォローする