東京マラソンで話題の新厚底 記録突破のランナーに限定販売

引用元:毎日新聞
東京マラソンで話題の新厚底 記録突破のランナーに限定販売

 東京マラソン(1日)で日本新記録を出した大迫傑(ナイキ)ら国内外のトップ選手が使用した米スポーツ用品大手ナイキの「新厚底シューズ」は、国内でも1日からインターネットを通じて販売されている。ただし、購入できるのはマラソンで高いレベルの記録を出したランナーに限定されており、異例の販売方式でプレミア感を高めている。

【写真特集】高速レースを振り返る

 厚底シューズの新モデルの名称は「エアズームアルファフライネクスト%」。1月31日にワールドアスレチックス(世界陸連)が定めた靴底の厚さ40ミリ以内という新ルールに対し、限界ぎりぎりの39・5ミリの厚さとなっている。購入条件は、2018年2月27日から20年2月27日までにナイキの専用アプリで42・195キロの記録を測定し、男子は2時間50分以内、女子は3時間40分以内で完走したこと――としている。

 大迫はレース後、新厚底シューズについて「ナイキの新しい技術を使うことができるというのは、非常に僕らにとっては強み」と好印象を口にした。【小林悠太】