ゴール直後の涙の理由は「プライベートのことなので内緒」東京マラソンで日本新の大迫傑が会見でニヤリ

引用元:中日スポーツ
ゴール直後の涙の理由は「プライベートのことなので内緒」東京マラソンで日本新の大迫傑が会見でニヤリ

 東京五輪の男子マラソン日本代表最後の1枠が懸かる東京マラソンが1日、東京都庁前をスタートし、東京駅前・行幸通りをゴールとする42・195キロのコースで行われ、大迫傑(ナイキ)が自身の持つ2時間5分50秒の日本記録を塗り替える2時間5分29秒で日本人最高の4位に入った。優勝はレゲセ(エチオピア)だった。

【写真】服部勇馬から設楽悠太へ東京五輪代表を争った二人がつないだ『絆』

 普段は感情を表に出すことの少ない大迫が、ゴールの瞬間にド派手なガッツポーズ。レース後に行われた中継テレビ局のインタビューでは「9月(MGC)に3位になってから非常に苦しい戦いでしたけど…」とあふれる涙を手でぬぐった。

 日本記録保持者として臨んだMGCで五輪切符を手にできなかった悔しさか…。しかし、場所を移した記者会見ではすっかり落ち着きを取り戻して応対。涙の理由を聞かれると「いろんな感情があった。そこらへんはプライベートなことなので内緒にしておきます」とニヤリ。この日のレース展開のように冷静に対処した。

フォローする