【東京マラソン】沿道ファンは7万2000人 例年の10分の1以下、主催財団「やはり見たかった方もいた」

引用元:THE ANSWER
【東京マラソン】沿道ファンは7万2000人 例年の10分の1以下、主催財団「やはり見たかった方もいた」

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らの日本記録を更新し、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で東京五輪代表に大きく前進。好記録が多く盛況に終わったが、新型コロナウイルスが蔓延する中で開催し、沿道には7万2000人のファンがいたことを主催財団が明かした。

【画像】ゴール直前で吠えていた! 「あの瞬間、うるっときました」とファン感激…クールな大迫が雄たけびを上げた決定的瞬間を激写

 新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、一般ランナーの参加を取りやめてエリートの部約200人の参加という措置をとって行われた。沿道での応援も自粛要請が出されたが、雷門前などマスク姿で声援を送る人が多く集結。主催財団は集計し、例年の10分の1以下となる7万2000人のファンがいたという。

 レース中も東京駅近辺で観戦自粛を促す看板と立て、沿道でもスタッフが自粛を呼び掛けるように声掛けしていた。主催財団は会見で「協力いただいた方もいるし、やっぱり見たかった方もいたんだなという人もいる。普段応援に来られる方の心を信じるしかないと思っていた」とした。 THE ANSWER編集部

フォローする