大迫傑「誰よりも速く」 残り1枚の五輪切符獲得へ決意/陸上

大迫傑「誰よりも速く」 残り1枚の五輪切符獲得へ決意/陸上

 東京五輪男子代表の残り1枠を争う東京マラソン(3月1日号砲)に臨む日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)ら有力選手が28日、東京都内で記者会見を行った。

 選考レースで一歩リードする大迫は「誰よりも速く走ることにしか集中していない」と意気込んだ。

 五輪代表には中村匠吾(富士通)と服部勇馬(トヨタ自動車)が内定済み。3月8日のびわ湖毎日マラソンを含め、日本陸連の設定記録2時間5分49秒を破った最速の選手が最後の切符を手にする。該当選手がいなければ、昨秋の選考会で3位だった大迫が日の丸を背負う。

 自身が持つ日本記録より1秒速い設定タイムの突破について、大迫は「練習の感じからみても、不可能ではない。(好記録が相次いでいる)最近の流れや雰囲気からしても、緊張感がある。誰が切ってもおかしくない」と表情を引き締めた。

フォローする