「4月29日」までなら五輪OK 陸上の新型シューズ、発売前倒しへ

引用元:時事通信
「4月29日」までなら五輪OK 陸上の新型シューズ、発売前倒しへ

 陸上の長距離界を席巻している米ナイキ社の「厚底シューズ」に端を発し、世界陸連が1月末、シューズに関する新規定を発表した。その中で、4カ月以上の市販期間を必要とするルールが4月29日までに発売された製品には適用されず、今夏の東京五輪でも使用が認められることが、このほど明らかになった。日本陸連が世界陸連に確認し、正式な回答を得た。各スポーツ用品メーカーは東京五輪に向けて開発中の新製品を、4月29日までに発売する方向で時期の前倒しを検討している。

【図解】東京五輪パラリンピック2020・ビジュアル解説

 新規定をめぐっては当初、「4月30日以降の競技会で使用する靴は全て4カ月以上の市販期間が必要」との解釈があり、トップ選手らが先駆けて履いている新型モデルを使用できなくなる可能性が懸念されていた。新製品は世界陸連に仕様を報告する必要があるが、4月29日までに発売されれば市販期間を問わず、4月30日以降も使用できる。

 短距離の男子100メートルで日本歴代2位の9秒98を持つ桐生祥秀(日本生命)は、靴底に金属製のピンがないアシックス社の「次世代短距離シューズ」を昨夏から試合で使用している。現時点で市販されていないが、アシックスの広報担当者は「ルールにのっとった対応を進めている」。当初は夏頃を予定していたが、4月29日までの発売を目指している。 「4月29日」までなら五輪OK 陸上の新型シューズ、発売前倒しへ 東京五輪に向けて開発が進む陸上のピンなしスパイク(アシックス提供)

「新厚底」など発売へ

 長距離用シューズは各メーカーが続々と新商品を発表している。米ナイキは厚底シューズの新モデル「エアズームアルファフライネクスト%」を3月1日に日本国内で初めて発売する。男子マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)が昨年10月、この試作品を履いて非公認ながら初めて2時間を切る1時間59分40秒で完走した。

 アシックスは、つま先部分が上に反った特殊な構造で、靴底にカーボンプレート1枚を埋め込んだ「メタレーサー」を4月中旬に発売予定。アディダス社も同プレートを内蔵した「アディゼロプロ」を4月1日に発売する。ミズノ社は靴底に新たな反発性の高い素材を使い、独自開発のプレートを挟んだ新型シューズを試作品として一部の選手に提供。夏頃を予定していた発売時期の大幅な前倒しを検討している。

 世界陸連は新規定で、靴底の厚さは40ミリ以下、靴底に埋め込むプレートは原則1枚までとするなど、靴のルールを厳格化した。注目が集まったナイキの厚底シューズは使用が認められて一件落着の空気が漂ったが、各メーカーはこの「市販」をめぐる問題の対応に追われている。

フォローする