4月29日発売は五輪OK 新型靴「4カ月ルール」適用外―世界陸連

引用元:時事通信

 世界陸連が1月末に発表したシューズに関する新規定で、4カ月以上の市販期間を必要とするルールは4月29日までに発売された製品に適用されず、今夏の東京五輪で使用が認められることが21日に分かった。日本陸連が世界陸連に確認し、正式な回答を得た。

 新規定では、4月29日までに発売された製品は市販期間を問わず、同30日以降も使用できる。各メーカーは東京五輪に向けて開発中の新製品を、同29日までに前倒しして発売できるよう急いでいる。

 発表された規定をめぐっては当初、4月30日以降の競技会で使用する靴は全て4カ月以上の市販期間が必要との解釈があり、トップ選手らが先駆けて履いている新型モデルを東京五輪で使用できなくなる可能性が懸念されていた。

 世界陸連は米ナイキ社の「厚底シューズ」を履いた選手が好記録を連発している現状を受け、靴底の厚さは40ミリ以下とするなど、規定を厳格化した。 

フォローする