名古屋ウィメンズ 一般ランナー参加中止で「オンラインマラソン」実施へ アプリ活用

 3月8日にナゴヤドーム発着で行われる名古屋ウィメンズマラソンの実行委員会は20日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、一般ランナーの参加を中止し、女子マラソンの東京五輪代表選考会を兼ねるエリートの部のみで行うことを発表した。これにあわせて、専用アプリを用いた「オンラインマラソン」を開催することも発表された。

 大会の公式ウェブサイトは「今回、名古屋に集まってご参加いただくことのできないランナーの皆さまと少しでもその感動を体験いただくべく、『オンラインウィメンズマラソン』を実施いたします」と告知している。専用スマートフォンアプリを用いて、実際の距離を走ることで、人が密集せずにマラソンを行えるとしている。

 今年の名古屋ウィメンズマラソン一般の部と、名古屋シティマラソン2020にエントリーした人のみが参加でき、「開催時間・ルールなど実施詳細を検討しています。3月2日までに登録方法含め、詳細を御案内いたします」としている。完走したランナーには2020年大会オリジナルペンダント等の完走賞とオンライン版完走証を送るという。

フォローする