中止の静岡マラソン 参加料1万2000円返金せず

引用元:日刊スポーツ
中止の静岡マラソン 参加料1万2000円返金せず

3月8日に静岡市内で開催予定の第7回静岡マラソンが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、初めて中止されることが決まった。

【写真】昨年の静岡マラソンで優勝を飾り、インタビューを受ける川内優輝

主催する静岡マラソン実行委員会(日刊スポーツ新聞社など)が20日、発表した。

これまでに同ウイルスによる感染症対策の準備を進めてきたが、国内で感染経路が不明なケースが発生。

同ウイルスによる感染症のまん延や感染拡大の可能性がある。実行委員会の堀内義幸・事務局長は「ランナーやボランティア、沿道で応援される皆様の健康と安全を考慮し、大会中止を決めました」と話した。

静岡マラソンは、徳川家康公顕彰400年を記念して、2014年に創設。昨年は、1万2332人が出走した。

今年もマラソンとファンラン(11・6キロ)、小学生の部(1・6キロ)を合わせて1万4312人がエントリーしていた。

静岡県内で同ウイルス感染は確認されていないが、マラソンでは県外からの参加者が約6割。近隣の東京、神奈川、愛知などでの感染者確認を受けて、中止決定に至ったという。

実行委員会の北沢晴樹・副委員長は「1年間かけて準備してきて、県内では約20億円の経済効果もある。海外からの参加者も多い。大変残念。何とかしてやれないかと議論してきたが、マスクと手の消毒ぐらいでランナーやスタッフ、県民を守るのは難しいのではないか」と説明した。

マラソンで1万2000円などの参加料は、大会規約に基づき、返金しないが、Tシャツなどの参加賞を後日、発送する。

フォローする