棒高跳びのデュプランティス、2週連続の世界新樹立

引用元:AFP=時事
棒高跳びのデュプランティス、2週連続の世界新樹立

【AFP=時事】陸上男子棒高跳びのアルマンド・デュプランティス(Armand Duplantis)が15日、英グラスゴーで行われた室内大会で世界新記録となる6メートル18を跳び、自身が前週マークした世界新を再び1センチ更新した。

【写真】試技に臨むデュプランティス

 昨年の第17回世界陸上ドーハ大会(17th IAAF World Championships in Athletics Doha)で銀メダルを獲得したデュプランティスは、余裕を持って6メートル18を成功。前週ポーランドのトルン(Torun)で行われた大会で6メートル17の世界新記録を樹立し、フランスのルノー・ラビレニ(Renaud Lavillenie)が2014年2月に作った記録を6年ぶりに更新していたが、そこから1週間で新たな記録を打ち立て、世界新記録の賞金3万ドル(約330万円)を手に入れた。

 トラックを1周してファンのサインの求めに応じた「モンド」ことデュプランティスは、「このためにたくさんのことをやって、何年も頑張ってきた」「本当にいろいろあったんだけど、何かがうまくいくときはシンプルに見えるものなんだと思う」とコメントした。

「助走の感触が良かった。速さと力強さを感じたし、ポールもうまく操れている感覚があった。この後の屋外大会のシーズンが楽しみだ。トラック選手にとって最大の大会である東京五輪があるし、自分にとって今季最高の大会にしたい」

 デュプランティスはこの日の試技を5メートル50からスタートさせると、5メートル75に2回目で成功。この時点では世界選手権2連覇中のサム・ケンドリックス(Sam Kendricks)がトップだったが、ケンドリックスが次の5メートル84で脱落した後は、この高さを一発で跳んだデュプランティスの一人旅となり、6メートルを挟んで次の6メートル18を1回で成功させた。

 デュプランティスは米国生まれの20歳で、コーチを務める米国人の父親も5メートル80の自己ベストを持つ元棒高跳びの選手だった。母親はスウェーデンの七種競技の選手だった。

 このところの成績を受けて、デュプランティスは夏に行われる東京五輪の明確な金メダル候補に躍り出ている。棒高跳びでは現在、室内と屋外の記録を分けていない。【翻訳編集】 AFPBB News

フォローする