多田修平が全体1位で決勝進出 日本室内男子60メートル

 陸上の日本室内選手権最終日が2日、大阪市の大阪城ホールで行われている。男子60メートル予選があり、多田修平(23=住友電工)は6秒63で2組1着となり、全体1位で午後4時50分からの決勝へ進んだ。川上拓也とサニブラウン・ハキームが持つ日本記録6秒54の更新に期待がかかる。

 1組は宮本大輔(20=東洋大)が6秒70で1着、白石黄良々(23=セレスポ)が6秒77で3着、3組は岩崎浩太郎(23=ユティック)が6秒67で1着、坂井隆一郎(21=関大)が6秒73の2着で決勝へ進んだ。

フォローする