丸亀ハーフマラソン、小椋裕介が日本新で2位…女子は一山麻緒が日本人トップ5位

 丸亀国際ハーフマラソンが2日、香川県立丸亀競技場発着のコースで行われ、男子は小椋裕介(ヤクルト)が1時間0分0秒の日本新記録をマークして2位に入った。設楽悠太(ホンダ)が2017年に樹立した従来の記録を17秒更新した。優勝はブレッド・ロビンソン(豪)。女子は一山麻緒(ワコール)が1時間8分56秒で日本人トップの5位。優勝はヘラリア・ジョハネス(ナミビア)。(記録は速報値)

フォローする