青木、女子60障害を室内日本新で優勝 寺田2位、男子は石川V―陸上

引用元:時事通信
青木、女子60障害を室内日本新で優勝 寺田2位、男子は石川V―陸上

 陸上の日本室内選手権第1日は1日、大阪城ホールで行われ、女子60メートル障害は青木益未(七十七銀行)が8秒11の室内日本新記録で優勝した。1999年3月に金沢イボンヌが出した従来の室内記録を0秒01更新。屋外の100メートル障害で日本記録を持つ寺田明日香(パソナグループ)は8秒14で2位だった。

 男子60メートル障害は石川周平(富士通)が7秒69で制し、予選で7秒61の室内日本新を樹立した金井大旺(ミズノ)は決勝で失格。女子60メートルは三宅奈緒香(住友電工)が7秒48で優勝。土井杏南(JAL)は決勝を棄権した。 

フォローする