東京五輪は厚底OK?マラソンの魅力を台無しにする記録偏重主義

東京五輪は厚底OK?マラソンの魅力を台無しにする記録偏重主義

 本当にこれでいいのか。

 陸上の長距離選手の記録を伸ばすと話題になっているナイキ社の厚底シューズの規制問題について、英ガーディアン紙(電子版)は29日、世界陸連が東京五輪終了後までは禁止しない見通しであると報じた。同紙によれば世界陸連は31日に見解を明らかにする予定だという。

 このシューズは、靴底に反発力のあるカーボンファイバー製のプレートを内蔵。クッション性と高い反発力から推進力が生まれやすい構造になっているのだが、「こんなシューズを履いて走ることをマラソンと呼べるのだろうか」という声が専門家の間でも少なくない。

■究極は裸足のアベベ

 42.195キロの長距離を走るマラソンは、自らの体力だけで勝負する競技だ。究極は1960年ローマ五輪でアッピア街道の石畳を裸足で走り抜き、金メダルを取ったアベベ・ビキラ(エチオピア)だろう。

 ところが昨今は、バネの効いた軽量素材のシューズが開発され、「用具」の力を借りて記録を伸ばしている。賞金レースがそれに拍車をかけている。スポーツライターの工藤健策氏が言う。

「規制されていないシューズなら選手は使用します。しかし、人間の力以外のものが及ぶことはマラソンを冒涜していることになる。そんなシューズを履いて記録が伸びても意味がない。今回の一件で世界陸連はシューズの反発力などについて徹底的に調査するべきです」

 2016年リオ五輪マラソン金メダルのエリウド・キプチョゲ(ケニア)は昨年10月、フルマラソンで2時間切りに挑戦するイベントで1時間59分40秒2をマークしたが、ほぼ直線のコースで多数のペースメーカー(PM)や給水サポートなどがついていたので、公認記録にはならない。当たり前だ。

 18年東京で設楽悠太が、同年シカゴで大迫傑が日本記録を更新した時もそうだ。26日の大阪国際女子で松田瑞生が設定記録(2時間22分22秒)を切って優勝したのもPMの力が大きい。最近のマラソンは最新のバネつきシューズと人の力を借りてのものばかりだ。

 PMがレースを引っ張り、序盤からの駆け引きや戦略が意味をなさなければ、五輪ではアフリカ勢のスピードの上げ下げにふるい落とされるだけ。日本人の五輪メダルはどう見ても厳しい。

フォローする